Chi-Labo

自分と人と世界と宇宙とつなげてくれるもの

人間関係不器用過ぎた学生時代。

今思えば、人や世界とのつながり方が心底わからなかったんだと思う。

だから沢山悩んだ。

失敗もたくさんした。

あまりにも行き詰まり過ぎた時。

ダンスに出会った。

両親に反対されても、泣きながら説得したのはダンスだけ。

ダンスがあれば、自分と、人と、世界とつながっていける。

からだはそれを知っていたから、必死だったんだと思う。

あの時の自分を思い起こすと、何故あんなにもダンスを始めることに全力を注いだかが不思議で仕方なかったけど。

今になってそうか、と思う。

頭での理解を超えた何かに突き動かされているような感覚。

それが必要だと感じていたからだからの、必死のメッセージだったんだと思う。

ダンスに出会って、私は本当に、世界が広がった。

何よりも自分のからだと対話出来るようになった。

そして、人と共に踊ることで、人との関わりを少しずつ思い出していった。

踊っている時の、宇宙とつながる感覚にとても救われた。

もちろん、ダンスを深めれば深めるほど別の悩みや葛藤もあったけど。

私にとって、踊ることは、自分と人と世界と宇宙をつなげるために

必要なアイテムだったんだと今、心底肚に落ちた。

あぁーー。

原っぱで思いっきり叫びたい気分だー。

ありがとうーー。

私を世界とつなげてくれてありがとうーー!

少しずつ、踊ることだけに執着しなくても大丈夫になったのは、

いろんなことで、自分と人と世界と宇宙とつながれるようになったからなんだね。

それがはっきりとわかった今。

これからも、自分と、人と、世界と、宇宙とつながるために

踊ろう。

私の踊りを

踊ろう。

そして歌おう。

下手でもいいの。

魂が喜ぶことを

たくさんしよう。

20161002-120315.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です