Chi-Labo

【ハワイ島3日目 Nature Care Hawaii ヒーリングツアー キラウェア編】

朝からものすごい雨。

今日は15:00からキラウェア火山に溶岩を見に行く日なのになぁ。

でも不思議となんとかなる気がする。

 

9:30ぐらいに起きて、急いでごはんを作って食べて。

10:00に真由美さんが来てくれてお洗濯を一緒に。

乾燥機に入れるまで面倒見てくれてしかもWifiまで貸してくれる。

ありがたすぎて感謝でいっぱい。

 

12:00にトムさんが来てくれて

ロミロミのマッサージ。

今日は下腹部がものすごく痛くて悶えた。

雨の音と共に過ごすロミロミの時間は私の罪悪感を全て洗い流してくれるようだった。

そう、私はもう、自分を罪深いと思わなくていい。

もうそれは今まで十分やってきたから、

これからは、自分も周りもHAPPYになるために生きるのだ。

 

15:00になった。キラウェアに行く時間。

やはり雨は止んでいた。

It’s a miracle.

 

トムさんから、「Yes Noリスト」を作るのだ、という指示のもと、

自分を肯定する言葉、否定する言葉をどんどん書いていく。

それをすることにより、さらに私の「yes」がクリアになるそうだ。

面白いようにどんどん出てくる。

トムさんは「クリアになってきているからだ」と言う。

 

 

まずはスーパーで食材を仕入れ、いざキラウェアへ。

最初に目指すはSteam ventというところ。

溶岩の煙を浴びるのだ。

20160917-230455.jpg

 

Steamをたっぷり浴びる。

あたたく、時に熱く、そして風は冷たい。

これが大地のエネルギーか。

すごい。

 

煙に包まれながら、トムさんのエネルギーワークが始まる。

苦手な人達の顔が次々と浮かんでくる。

そう、私は、この人達とさえ、心地よくありたいのだ。

それには何が必要か、何を克服したらいいのか、をいつも考えていた。

だから成長したかった。

苦手な人なんてこの世にないのが一番いい。

ストレスフリーでいられる、と昔から思っていた。

 

 

と、その時、私の中でパズルのピースがはまったような音がした。

私を愛すること。

私の全てを愛することができれば、

どんな人でも愛することが出来る。

 

I’m the best=You’re the best

 

この文字がはっきりと浮かんだ。

 

そうか、人はかがみと言うならば、

最終的に、自分が自分を全て受け入れていれば、

人に腹を立てることもない。

自分の全てを許すならば、

人の全ても許すことが出来る。

 

トムさんが、

「Who is the best?」

と私に質問した。

私は

「me」

とすぐに答えた。

トムさんは満足そうに

「good」

と答えた。

でも、私はその時、からだで理解しながら、それがどういうことなのか

まだ頭が理解していなかった。

 

でもこの時、Steamの霧に包まれながらはっきりとわかった。

自分を一番に大事にすることが、人を一番に大事にすることにつながる。

自分がベストでいれば、人もまたベストでいられる。

 

フナ(ハワイの哲学)の教えにIkeという考え方がある。

全ては、思うことが世界を作る。

自分を大切にし、愛に溢れた世界を自分の中に見れば

それは必ず、世界を平和にする。

 

だから、自分を一番に考えることに躊躇しなくていい。

自分を一番に考えることこそ、周りも幸せにしていくのだ。

 

次はLAVA TUBEへ。

前回来た時とはまた全然違う体験。

エネルギーが下から湧き起り、そして天からエネルギーが降り注ぎ、

それが自分の中で一つになる。

それを体現したような場所。

 

トムさんはたくさん写真を撮ってくれた。

今日のテーマは自分が見たいものが見えて、そしてそれがまた自分に還ってくる力が10あると言えるようになること。

私はちょっとたじろいで8と言った。

トムさんは微笑んで、過去の自分はもう関係ないよ、今、今にフォーカスすればいいんだ、と言う。

自分の過去を見て、8と言ったことがばれてしまった笑

トムさんに嘘はつけないのです。

 

今の自分を写真に写すことで、自分にyesを言って欲しいというトムさんの願いのような気がした。

お気に入りの1枚を見つけた。

20160917-230629.jpg

LAVA TUBEから出たところすぐに、木々が茂る場所がある。

そこでもう一度写真を撮り、そして立木に寄りかかりながらのボディーワーク。

空気イス状態なのに不思議と脚はそこまで痛くならない。

20160917-230656.jpg

日本人のツアー客がどやどやとLAVA TUBEから出てくる。

ほとんど見世物状態の私たち。

でも、もう慣れたのかあまり気にならない笑

視線を感じながらも、自分の今の集中することを実践していく。

 

歩き始めるとツアー客がのんびり歩いているので合流してしまった。

親子三人連れが写真を撮っている。

ご主人がなんだか恥ずかしそうにしているので、

恥ずかしがることないのよ、と言いたくて、思わず

「三人で撮りましょうか」と声をかける。

東京から来たという奥さん。

ヒーリングツアーで来てることを伝えると

「私も一人だったら絶対やりたい」と。

「Nature careで検索してみてください!」

そう言って別れた。

 

トム先生がレストルームに行くと言うので、私は待ってることに。

「keep smiling」

トム先生はそう私に言い残した。

写真を撮っている別の女性に「撮りましょうか?」と話しかける。

「あ、いいんですいいいんです」

そんなところから会話が始まり、あの方はハワイのお父さんですか?と聞かれて面白くてつい笑ってしまった。

トム先生を交えて少し会話してから次なる目的地へと進む。

「Good job! You make people smiling!」

トム先生はそうほめてくれた。一応私の得意分野ですと答えると

「Yes I know!You are powerful!」と笑ってくれた。

 

買ってきた食材を持って眺めのいい場所でピクニック。

途中、大きな鳥に遭遇。すぐに行ってしまったが不思議な縁を感じる。

 

遠くにマウナロア、下はキラウェア火山、そして、美しいサンセット。

自然に囲まれた絶景スポット。

トムさんはどこでもジェントルマンで、座る場所を作ってくれて、

おもてなしをしてくれる。

さっきまでの雨が嘘みたい。こんな素晴らしい景色が見れるなんて。

 

20160917-230723.jpg

 

トムさんは、心の中で見ることが、すぐに目の前に現れるのも練習だよ、と言っていた。

今日はきっと、その練習をたくさんさせてもらっている。

そして、確実に、見たい景色をみてると感じる。

なんてことだろう。奇跡の連続。

 

食事が終わると、再びエネルギーワークへ。

私の仕事はただ、呼吸をするだけ。

愛という息吹を吸い込み、愛という息を吐く。

愛を受け取ったら、愛で返す。

全てはそれだけなんだよ。

トムさんは何度も何度もそれを教えてくれる。

 

初日、2日目までは、心のどこかでまだ疑っている自分がいたと思う。

本当に自分は変われるのか。

本当に自分はなりたい自分になれるのか。

トムさんを100%信じていいのか。

自分を100%信じていいのか。

 

でも、あらゆることが奇跡の連続で、

全てがベストなタイミングで起こっていくのを体験していくと

もう疑うことがバカらしくなってきていた。

だから、心の底から信じよう。

この手を信じよう。

世界は、見たいように作れることを信じよう。

そう思った。

 

その時、さっき会った大きな鳥が目の前に現れた。

彼(彼女?)は少しずつ木に登っていき、私たちと同じ目線のところまで来て

夕陽を眺めながらくつろぎ始めた。

遠くにマウナロア、美しいサンセット、下には火山、大いなる自然、そして、

共に時間を過ごしてくれる大きな鳥。

全てがパーフェクトだった。

「Good job」

トムさんはそう言って笑った。

 

トムさんの100%の愛が、私の頑なだった心をひとつひとつ溶かしてくれた。

そしてそれは、母の愛ではなかったか。

無条件に愛してくれる人。

それは生まれた時に赤ちゃんが感じるはずの愛。

それを私は、今改めて感じているのだ。

そして、それをアレンジしてくれたのは、

やっぱりお母さんのような気がしてる。

お母さんは、これを私に伝えたかったのではないかな。

ちさちゃん、お母さんもね、こんな気持ちでいたのよ。

そう言いたくて、ここに連れて来てくれたのではないだろうか。

そう書いていると涙が出てくる。

そういう時はYesのサイン。

これは私にとっての真実。

それでいい。それがいい。

ありがとうトムさん。

ありがとうお母さん。

 

なんだかこの世にこわいものなど無いような気がしてくる。

そんなHappyでPeacefulな気持ちを持ちながら、いよいよ直径1キロもの火口であるハレマウマウ・クレーターを見に車を走らせる。

 

雄大な山の稜線にかかる雲と日没の空の色。

小さな商店街の光、そして遠くに見える一番星。

ハワイ島に来て初めて見る星をここで見るなんて。

あまりの美しさに感動しながら、ふと左を見ると

なんとそこにはFull Moon。

 

「It’s a miracle!!!」

Look! Look!と思わず叫ぶ私にトムさんも気付いて

「WOW!!! Good job! You are soooo powerful!!」と叫んだ!

二人でギャーギャー叫びながら車を降り、マグマの近くへ。

赤い煙が見える。

これがハレマウマウか!

20160917-230820.jpg

満月に火山のマグマ。

太陽は男性性、月は女性性、そして火山のマグマは地球そのものエネルギー。

全てのエネルギーが揃ったこの夜。

私はもう、何かの力に導かれていることに疑いの余地はなかった。

トムさんとマグマを見ながら一緒に瞑想する。

私が見たかった世界がそこにある。

そして、それが私に還ってきて、パワーをくれる。

私はこの循環で生きていく。

私は伝えていくんだ。

自分を一番に大切にすることが、周りの人もHappyにすることだ、と。

世界は、自分が思った通りに作られるのだ、と。

大地のエネルギーと天からのエネルギーを自分の内側でひとつにし、

それを外に出し、そして受け取り、循環させていくのだと。

 

20160924-044659.jpg

 

長いこと、自分を責める人生だった。

愛されている実感がなく、必要とされていないと思い込む人生だった。

自分に出来ることはほんのわずかなものだと思っていた。

自分を信頼出来ず、罪の意識がどこかにありながら生きてきた。

自分に向けられる愛をうまく受け取れずにいた。

自分が愛されるに値しないと思っているから、

愛を受け取ることも出来ないのだ。

でも、そこから少しずつ、いろんな出会いを通じて、私は変化していった。

自分を許すことをし始めてから、

自分を責めることをやめ、

必要とされていることを実感し、

自分への信頼を取り戻し、

罪の意識を少しずつなくし、

自分を愛することが出来るようになってきた。

そして今回のリトリートで、私はもう、心から自分を許していいと思えた。

トム先生の愛を100%受け止め

自分は愛されていい存在であることを受け入れた。

そして、神様も私を愛してやまないのだ、ということを実感した。

これだけの奇跡を見せてくれたのは、

それを私にからだで、心で、実感して欲しかったからだろう。

 

It’s a miracle

 

もうそれしか出てこない。

 

宿に戻り、Yes NoリストのNoだけを燃やした。

バイバイ、自分をだめだと思い続けた私。

バイバイ、自分を信頼できなかった私。

 

20160917-230846.jpg

 

初日はものすごい雷雨だった。

大きな雷、嵐のような豪雨。

まゆみさんは雷なんて珍しいと言う。

テーマを破壊と再生にした私は、

この時から、何かが変わり始めていたのだろう。

 

雷雨は2日間続き、今は、とても穏やかな夜。

 

あぁ、終わったのだね。

 

最初は2泊3日の予定だった。

でも、いろいろなことが重なって、

3泊4日に変更した。

最初から、こうなるように出来ていたのかな、と思う。

このリトリートは3泊4日で初めて完結するな、と思うから。

 

全ては必然。

私がここで経験したことは、

今の私にとって、必要な体験だったのだと思う。

 

2月のハワイ島で、自分を信頼する、ということにコミットしてから

いろんな変化があった。

 

そして、再び訪れたハワイ島でまた、

大きなギフトをもらった。

 

トムさんの大きな愛に見を委ねながら、

自分を最大限愛していい。

自分を一番大切にしていい。

それが、周りの人をHappyにする。

そして、たくさんの人を助けられる方法だということを

身を以て体感出来たことが

何よりも何よりも大きかった。

 

素晴らしい時間をありがとう。

素晴らしい癒しをありがとう。

素晴らしい体験をありがとう。