Chi-Labo

【メンタルトレーナーへの道】メンタルトレーナーの学校に通い始めました

7月頭から、メンタルトレーナーの学校に通い始めました。

ここに至る経緯もまた、何かの力に導かれているとしか思えない感じがあるのですが、

今年の夏至1週間前ぐらいに、「メンタルトレーナー」という言葉がおりてきて、

何気なく学校を調べ始めたら、今通っている学校のホームページを見つけ、

一気に自分が本当にやりたいこととこの内容がリンクして、

すぐに説明会の申し込みをし、

お話をお伺いした直後に入学を決め、入金を済ませ、

その1週間後には学校に通い始めました。

そして、通い始めて1か月。

メンタルトレーナーになるためには、カウンセリングの技術も同時に学ぶ必要があり、

並行して学んでいるのですが、これがもうほんとにどんぴしゃで。

学ぶごとに自分自身のクリアリングに応用し、毎日のように自分を浄化する日々です。

 

からだのアプローチをずっとやってきた私は、からだだけ扱うのも限界があることを感じており、

自分の感性でカウンセリングも一緒に行っていました。

しかし、しっかりと基礎を学んで、よりクライアントさんに的確にアプローチ出来るようになりたかったことと、

自分自身の使命を全うしようと本気で生きている方と一緒に走りたい、という欲求があり、

これは腰を据えて勉強しよう、と学校に行くことを決めたわけですが、

とにもかくにも、自分が自分をもう一回りも二回りも成長させていくために、

このタイミングで、この学びと出会わせてもらったんだな、と感じる毎日です。

 

まぁとにかく、気付きが深い日々なのです。

何に気付くのかと言うと、自分がいかに過去の出来事をからだにも心にも残しているかということに気付くのです。

そして、もう手放してもいい古い価値観をグリップしていることや、

事実を感情と織り交ぜて記憶していることで、事実を事実としてシンプルに捉えていなかったり、

思い込みをしていたり、被害者意識や加害者意識を勝手に持ってしまっていることに気付くのです。

 

その気付きをもとに、感情のクリアリングをし、古い価値観からの行動を、新しい価値観に変えて行動していくことで、思い込みや、失敗のパターンから抜け出せることを日々体験していくうちに、

あ、私はもしかしたら、自分が思っているほど、やれない人間ではないかもしれない。

という気持ちになっていくのも感じています。

今までは、とんでもないことをしたら、もう立ち直れないというところまで

自分の全人格まで否定して落ち込んでいましたが、

今は、失敗は失敗で反省すべきところは反省し、

でもそれは自分の人格まで否定するものではない、と、事実と人格を切り離して考えられるようになりました。

これは私にとっては大きなことでした。

また、少し自分の行動の中で違和感を感じることがあると、

すぐにその原因を過去の自分のトラウマ的体験から見つけることができ、

その都度、その記憶を修正することで違和感を解消し、

前に進んでいくことが出来るようになってきたことを感じます。

 

そんな感じで、まずは学んだことを自分にどんどん生かし、

自分がどんどんクリアになっていく体験を繰り返すことで、

いずれ、それを人にも伝えていけるようになっていきたい。

 

メンタルトレーナー、そして、カウンセラーへの道。

始まったばかりですが、大きな手ごたえを感じています。

 

既に、パーソナルトレーニングやボディワークのセッションでも使っていますが、

いずれ、メニューにもきちんと加わっていくことでしょう。

 

本気でなりたい自分になりたい人と共に走る。

これが私の思い描く未来です。

がんばるっちゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です