Chi-Labo

【千紗’s Activated-Chi-Therapy&チネイザンWS @福岡mokuyoga】

千紗’s Activated-Chi-TherapyとチネイザンWSをやるため、福岡に行ってきました!

 

mokuyogaオーナーである田中裕子さんと出会ったのは4年半前。

リストラティブヨガのティーチャートレーニングでご一緒したのがご縁。

その後、南青山as•i•an/apartment でのセッションに来てくれたり、

私が福岡へ遊びに行ったりする中で、ぜひ福岡でもセッションを、ということで、今回の運びへ。

 

 

裕子さんは不動産、リクルートを経てのヨガインストラクターなので、とにかく仕事が早い。

ぱぱばっと段取りを決めてくれて(ランチの場所まで!)あっという間に人を集めてくれて、

あっという間の開催となりました。

 

 

【千紗’Activated-Chi-Therapy 10名の方とのセッション】

千紗’s Activated-Chi-Therapy、略してChi-Therapyは、

タイマッサージ、チネイザン、クラニオセイクラル、トークセンを組み合わせ、

本来の自分に帰っていくことを目指したセラピーなのですが。

 

普段からヨガをしているみなさんなので、自分のからだや心と向き合うことに抵抗がなく、

じっくり落ち着いて施術を味わってくださったことが印象的でした。

 

触れられてわかること。

ほぐされてゆるんでわかること。

抱えていたものに気付くこと。

本来の軽さに気付くこと。

 

セッションを通じて、それぞれに、自分への理解が深まったなら、

それ以上のことはないなと思います。

 

からだの中に落ち着ける場所をみつけるられることが

自分らしくあることと直結してることだから。

 

そこからまた、それぞれが、

それぞれの道を自分らしく彩ることが出来ることを心から願っております。

 

【チネイザンセルフケアWS】

8名の方とのWS。

みなさん、お腹のことって今までちゃんと知らなくて、興味津々で参加してくださいました。

今回のWSの目的。

一つは、普段頑張ってくれている内臓は、一体どこに何があるのか、を理解することと。

それに対して日々取り入れられる簡単なセルフケアをご紹介すること。

もう一つは、自分にも「気」というものがあり、人にも「気」というものがあり、

私達は、多少なりとも、そういうものに影響されながら生きている、ということを体感すること。

 

実際手で人のからだに触れたり触れてもらったりするだけで、

エネルギーが高まることを体感してもらいながら、自分にも手あてで癒す力があることを感じてもらったりして。

 

チネイザンはお腹の気の巡りを良くして、生命エネルギーを高めるもの。

お腹に手をあてるだけでも全身が整っていくことが感じられれば、それだけでもうセルフケアになっていく。

 

大事なのは、答えを外に求めず、自分の中に見出すこと。

自分の内側に意識を向けることが出来れば、逆に道が開けていくこともたくさんある。

そんなことが少しでも伝わったなら、良かったなと思います。

WSの後の懇親会もまぁ、楽しいこと!

福岡女子のパワフルさと面白さとあったかさに触れ、元気をたくさんいただきました!

 

【食のこと】

福岡に来たら、やっぱり美味しいものですよね。

裕子さんは美味しい店を熟知してるので、毎日美味しい店を紹介してもらいました。

中でも感激したのはこのお店。
凛丹
http://s.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40035796/

もうねー、ほんと美味しいんです。
一口食べてパラダイス。
何度でも行きたいお店でした。

かなつぐ
http://s.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40032855/

とっても美味しいパン屋さんです。
目玉焼きがのったトースト大好き❤️
マフィンもすばらしく美味しかった!

八ちゃん
http://s.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40000195/

21時からオープンの強者ラーメン屋さん。こってり豚骨細麺がたまらない。

てつ炭焼処
http://s.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40007471/

鶏肉食べるならここです!
一度は行くべし!

あぁ、ほんとに最高の福岡デイズでした。

早速次の来福も決まりました!
10/14.15.16で行きます!

またみなさまとお会いできる日を楽しみにしています❤️

20160426-161218.jpg

20160426-161451.jpg

20160426-161805.jpg

20160426-161823.jpg

20160426-161844.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です