Chi-Labo

【マインドフルネス&アーユルヴェーダリトリートin Hawaii 3日目】

朝ヨガ

20160222-222956.jpg

 

呼吸を真ん中に戻す動きをたくさん。

歩く瞑想は芝生の上を思い思いに歩き、大地のエネルギーをたくさん取り込んだ。

歩きながらまた、大きな気付きがあった。

1日、1日、自分との距離が深まっていく。そんな時間。

 

朝ごはんはオージャスドリンクとキチュリ。

オージャスドリンク美味しかった!

アーモンドとデーツとふやかした水と豆乳。
豆乳は冷やすので要注意ですよん。

20160222-223106.jpg

 

 

その後はみなで、Root Down Farm へ。

Root Down Farm
http://www.rootdownhawaii.com/

Arinaさんに、Farmを案内してもらいながら、ランチにする草や実を摘んだり。

20160222-223428.jpg

オフグリットな生活。
いろんなところに住んで来たけど、ここが一番幸せ、とほほ笑むArinaさんが眩しかった。

猫が三匹、犬が三匹。

可愛くて可愛くて。連れて帰りたいぐらい。

ここにピッタリな子。選ばれて来たんだね。

20160222-223543.jpg

20160222-223610.jpg

20160222-223632.jpg

20160222-223732.jpg

Arinaさんのナチュラルな佇まいがまた人を惹きつけてやまないのだろうな。

私も一発で大好きになってしまいました。

20160226-145146.jpg

20160226-145310.jpg

 

話を聞けば聞くほどすごい!の連発で、でも、きっとArinaさんにはいたってそれがふつうで、それが無理が無くていいんだろうなと思います。

車のなかで、真美さんが、そのままでいいを自分に許すと存在がギフトになる、ということを話してくれて、Arinaさんの姿がそのままその言葉にぴったり当てはまり、とても印象的。
自分も存在が最高のギフトになれるんだ、ということをちゃんと思い出したいと切実に思うのであります。

 

帰り際にホットポンドに立ち寄って、久しぶりに海に入りました!

20160222-223940.jpg

温水プールみたいにあたたかくて、意外と自分が浮くことに気づき、どんどん泳ぎたくなりました。
泳いでみたら楽しくて、海に入ることが嫌いじゃなくなった感覚。

すごい。大学時代に溺れかけて以来、ずっと海は苦手だと思っていたけど、そんなことはなかった。
これは私にとっては大きなギフトになりました。

 

浮具で海に漂わせてもらって、海に浮かびながら青空を見たら、幸せが込み上げました。
五人で手をつないで浮いたり、ジャンプしたりして遊んだ。
楽しい。海ってこんなに楽しいものなんだね。

 

帰りにSweet Cane Cafeにより、再びアサイーボウル。
昨日とデコレーションの違いに笑う。いいね。この適度ないい加減さが大好きです。

 

 

夜はNVCの講義。

他人に対する境界線としての前提は、さくらが咲くのを待つ春みたいな関係、というのが印象的。

自分は何も出来ない、という前提に立つこと。

でも、必要な時にはいつでも手を差し伸べられるよ、というスタンスにいること。

そこにあるニーズを大事にすること。

いちいち深くて、からだにしみ込んでいく。

今までずっと聞きたかったお話がここにあった。

 

今日も深い学びの1日。

明日はどんな日になるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です